本文へスキップ

群馬県前橋市の司法書士事務所<各種登記・遺産整理・相続・後見・債務整理・裁判業務・高齢社会の総合相談・支援

電話でのお問い合わせは027-289-4035

〒371-0833 前橋市光が丘町8番地4

家族でつくる信託(福祉を目的とする民事信託)real estate

 家族を信じて託す「信託」

 ポイント 民事信託(家族でつくる信託)とは

   @ 財産の所有者(委託者)が
   A 信頼している家族など(受託者)に
   B 財産(信託財産)を移転して、
   C 定められた目的(信託目的)の範囲内で管理・活用(信託行為)し、
   D 財産を与えたい人(受益者)に給付・承継させる制度です。

   
  * 民事信託は、平成19年施行された信託法に基づいています。
     * 金融機関が取り扱っている「商事信託」とは異なります。
     * 財産を託す相手は「家族・親しい友人など」です。



 ポイント
 「福祉を目的とする信託」とは

   高齢なご本人や配偶者様、障がいを持つお子様など
   支援が必要なご家族様の 安心・幸せを守ることを目的とする信託です。


   <例えば> 
    
   
@ 父親と息子で信託契約を締結
   
   *生前から信託の効力を発生させます
   
   *不動産を信託する場合には、所有権の移転・信託登記が必要です。

   
A 父親が元気なうちは、父親のために財産を管理・活用

   
B 父亡き後は、残された母のために、財産を管理・活用・給付
   
   *配偶者様が認知症などで判断能力を喪失されている場合でも、
   
    引き続き、生活を守ることができます。

   
C そして、母亡き後の財産の分割方法まで定めておく。・・・など

民事信託

  
* 決められたパターンはありません。

  * 長寿となった現代だからこそ、
「認知症への備え」も大切です。

  * 
「後継ぎ遺贈型受益者連続信託」といい、当初の受益者様の死亡後、予め指定された方に
    順次承継させることも可能です(遺言では不可能ですが、信託なら可能です)。

  * 
高齢になり居住しなくなった場合などに備え、予め、ご自宅不動産売却権限
を託しておく
    ことで、信託に定めた適切な時期に、不動産を売却・換価し、老後の生活資金を確保することが
    可能となります。



ポイント
家族でつくる「福祉型信託」を、心を込めてサポート致します

   
ご家族構成・財産の状況・可能性やご希望をあわせ、
   ひとつのご家庭の守りたい未来を、柔軟に設計することができます。


    財産を託す人のご希望を最大限尊重し、

     財産を託す人  (委託者様)
     財産を託される人(受託者様)
     財産を受ける人 (受益者様)
   
   信託に関わる皆様それぞれの未来の可能性を伺い、作成致します。

 
   ◆信託は、財産の一部でも可能です。
   
◆信託の方法は、
   
生前に効力を発生させたい場合の「信託契約の締結
   
死後に効力を発生させたい場合の「遺言での信託」がございます。
     * 後日の紛争や契約書類の紛失等を回避するため、公正証書にて作成手配いたします。

                             福祉型信託 担当司法書士  松浦 恵
                              ▼ご予約
方法 

 下記に詳細ページがございます。ご覧下さい。

 <民事信託> 家族でつくる信託 設計・実行サポート
家族でつくる信託(福祉を目的とする民事信託)
法律ぷらす 介護・認知症に備える身上監護を同時に検討
家族でつくる福祉型信託 設計サポート(手続きの流れ)
家族でつくる福祉型信託 設計後の実行サポート 


  相談から安心へ、そして笑顔へ  1つの相談からつながる未来へ
  松浦司法書士事務所では、法律ぷらすのサポート Aging in place project を展開しております。

エイジング・イン・プレイスのHPへ
 

その他ご参考ページ
  ▼ 法定後見制度  ▼ 
任意後見制度  ▼ 終活サポート(遺言など)   

  認知症サポーター<松浦合同司法書士事務所(前橋市)>

 ご相談のご予約はこちらからどうぞ


 ご希望の日時をお伝えください。
 事前にお見積もりいたしますので、お気軽にご相談ください。

 ▼
ご予約方法  ▼事務所へのアクセス
                      相談予約電話番号