本文へスキップ

心を込めてサポート致します 027−289−4035

成年後見サポート権利や財産を守るために


任意後見契約


「任意後見契約」は、将来の老いの不安に備えた「老い支度」「老後の安心設計」と言われ、遺言と共に考えておきたい手続きです。

任意後見制度


「成年後見制度」には、「法定後見制度」と「任意後見制度」の2つの制度があります。

                         法定後見制度については、こちらをご覧下さい。



■任意後見制度とは

今はまだ判断能力が正常である人や、衰えているとしてもその程度が軽い人が、
将来、もし、自分の判断能力が不十分になったときに備えて、予め信頼出来る人(任意後見人となってくれる人)を選び、財産の管理や必要な契約締結等依頼したい後見事務の内容を公正証書に定め、契約(任意後見契約)をしておく制度です。

法定後見制度と異なり、自分が健康なうちに、後見人や依頼したい内容を自分自身で決めることができるのが特徴です。

任意後見人による後見事務は、ご本人の判断能力が衰えた後、後見事務開始を家庭裁判所に申し立て、後見人の事務に不正がないかなどをチェックする任意後見監督人を裁判所が選任した時から始まります。


■任意後見契約にかかる費用

<公正証書作成手数料>

・公証役場手数料   11000円
・書留郵便料      約540円
・法務局への印紙    2600円
・登記嘱託費用     1400円
・用紙代         250円(1枚あたり)
・戸籍等         実 費


任意後見手続きに関するご相談をお受けしています


松浦合同司法書士事務所では、
■ご本人が自ら選んだ任意後見人と締結する「任意後見契約書の作成支援」
■当事務所所属司法書士を任意後見人とする場合の「任意後見契約締結」
2種類のご相談をお受けしています




■ご本人が選任した任意後見人との契約書作成支援
 (当事務所基準報酬)
 契約書作成支援報酬  165,000円(消費税込)〜
 戸籍等取得代行  1役場 3,300円(消費税込)+実費
 その他  手数料・郵送料などの実費


■当事務所所属司法書士を任意後見人とする契約締結の場合

(当事務所基準報酬)
 契約締結<任意後見契約>     77,000円(消費税込)〜
     <見守り契約>      33,000円(消費税込)〜
     <任意代理契約>     55,000円(消費税込)〜
     <死後の事務の委任契約> 55,000円(消費税込)〜
 戸籍等取得代行        1役場 3, 300円(消費税込)+実費
 

任意後見人報酬 <基本月額>   22,000〜55,000万円(消費税込)
 ※事務内容により異なります
 ※後見事務開始時より発生します


■継続的見守り契約とは
お元気なうちから、定期的な電話・面談でのご相談により、現在・将来の暮らし、法的なご相談・ご本人亡き後の財産の承継などに対するご要望等をお聞かせいただき、希望に沿う執務ができるように整えさせていただくための契約です。
任意後見契約を締結している場合に、任意後見契約が効力を生ずるまでの間、生活や心身の状態を定期的に確認させていただきくことで、判断能力の低下、後見等開始に至るまでの空白期間における財産侵害などを予防することができます。

<継続的見守り契約にかかる費用>
(当事務所基準報酬)
 見守り契約報酬   ◆基本年額  44,000〜66,000円(消費税込)
 ※事務内容により異なります


前橋市光が丘町8番地4 松浦合同司法書士事務所


お問い合わせ電話番号  027−289−4035