本文へスキップ

群馬県前橋市の司法書士事務所<各種登記・遺産整理・相続・後見・債務整理・裁判業務・高齢社会の総合相談・支援

電話でのお問い合わせは027-289-4035

〒371-0833 前橋市光が丘町8番地4

相続手続きQ&A real estate


  ポイント    相続人の中に未成年の子がいる場合、
        手続きはどのようにしたらよいでしょうか?

 未成年者について「特別代理人」を選任してもらう必要があります


 例えば、夫が突然死亡。残されたのは妻と未成年の子が一人。
 遺言書は残されていないというケースの場合。


 相続人は、妻と未成年の子となります。
 妻と子の間で争いがなくても、遺産分割では、潜在的には共同相続人の間で利害が対立する可能性があるため、相続人の一人が、他の相続人を代理することはできません。
 民法826条には、「親権を行う父または母と、その子との利益が相反する行為については、親権を行う者は、その子のために
特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければならない」と定められています。

 妻(母親)は選任された特別代理人との間で遺産分割を行うことになります。

                                                      

■特別代理人選任申立手続き

  ■申立人       ・親権者 ・利害関係人

  ■申立先       ・子の住所地の家庭裁判所

  ■申立てに必要な費用 ・収入印紙800円分(子1人につき)
             ・連絡用の郵便切手

  ■申立てに必要な書類
    1申立書
    2申立添付書類
     ・未成年者の戸籍謄本(全部事項証明書)
     ・親権者又は未成年後見人の戸籍謄本(全部事項証明書)
     ・特別代理人候補者の住民票又は戸籍附票
     ・利益相反に関する資料(遺産分割協議書案など)
     ・<利害関係人からの申立ての場合>
      利害関係を証する資料(戸籍謄本(全部事項証明書)等)

   
 *審理のため必要な場合には、追加書類が必要となる場合があります。



  相続手続きでご不明な点は、お気軽にご相談下さい
                   ▼
ご予約方法  ▼事務所へのアクセス
 
 
こちらのページもご覧下さい
 ▼ 
相続サポート  残された想いを大切にサポート致します
   遺産整理代行サービス
 相続手続き   相続登記
 公正証書遺言があるか調べたい場合

                   
 相続人の中に不在者がいる場合
 相続人が外国にいる場合
 相続人の中に未成年者がいる場
 
 遺言執行者選任申立て
                                 裁判事務TOPへ

 ご相談のご予約はこちらからどうぞ


 ご希望の日時をお伝えください。
 
事前にお見積もりいたしますので、お気軽にご相談ください。
                    相談予約電話番号