本文へスキップ

群馬県前橋市の司法書士事務所<各種登記・遺産整理・相続・後見・債務整理・裁判業務・高齢社会の総合相談・支援

電話でのお問い合わせは027-289-4035

〒371-0833 前橋市光が丘町8番地4

相続手続きQ&A real estate


  ポイント  相続人の中に行方不明の人や、生死すらわからない人がいる場合
      どのようにしたらよいでしょうか?

     

 不在者財産管理人をおく・失踪宣告を申し立てるなどの方法があります


■不在者管理人をおく
 

  従来の住所又は居所を去り、容易に戻る見込みのない者(不在者)に財産管理人
 がいない場合に、家庭裁判所は、申立てにより、不在者自身や不在者の財産につい
 て利害関係を有する第三者の利益を保護するため、財産管理人選任等の処分を行う
 ことができます。
 申立人
・利害関係人(不在者の配偶者・相続人にあたる者・債権者など)
・検察官
 申立先 不在者の従来の住所地又は居所地の家庭裁判所
 申立てに必要な費用 ・収入印紙800円 ・郵便切手(管轄裁判所によって異なる)
 申立てに必要な書類 ・申立書
・添付書類
(不在者の戸籍謄本・戸籍附票・財産管理人候補者の住民票又は戸籍附票・不在の 事実を証する資料・不在者の財産に関する資料・申立人の利害関係を証する資料(親族であれば戸籍謄本など))

   選任された不在者財産管理人は、不在者の財産を管理、保存するほか、
  家庭裁判所の権限外行為許可を得た上で、不在者に代わって、遺産分割・
  不動産の売却等を行うことができます。



■失踪宣告を申し立てる
 

  失踪宣告とは、生死不明の者に対して、法律上、死亡したものとみなす効果を
 生じさせる制度です。
  
不在者(従来の住所又は居所を去り、容易に戻る見込みのない者)につき、
 その生死が7年間明らかでないとき(普通失踪)又は、戦争、船舶の沈没、震災な
 どの死亡の原因となる危難に遭遇し、その危難が去った後その生死が1年間明らか
 でないとき(危難失踪)、家庭裁判所は、申立てにより、失踪宣告をすることが
 できます。

申立人
利害関係人
 (不在者の配偶者・相続人にあたる者・財産管理人・受遺者など)
 (失踪宣告を求めるについての法律上の利害関係を有する者)

申立先
 不在者の従来の住所地又は居所地の家庭裁判所
 申立てに必要な費用 ・収入印紙800円 ・郵便切手(管轄裁判所によって異なる)
・官報公告料4298円
 申立てに必要な書類 ・申立書
・添付書類(不在者の戸籍謄本・戸籍附票・失踪を証する資料・申立人の利害関係を証する資料(親族であれば戸籍謄本など)

  
 不在者の生死が不明になってから7年間が満了したとき(危難失踪の場合は、
  危難が去ったとき)に死亡したものとみなされ、不在者(失踪者)についての
  相続が開始されます。また、仮に不在者が婚姻をしていれば、死亡とみなされる
  ことにより婚姻関係が解消します。



  相続手続きでご不明な点は,お気軽にご相談下さい 
                   ▼
ご予約
方法  ▼事務所へのアクセス
 
 
こちらのページもご覧下さい
 ▼ 相続サポート  残された想いを大切にサポート致します
   遺産整理代行サービス
 相続手続き   相続登記
 公正証書遺言があるか調べたい場合
                   
 相続人の中に不在者がいる場合
 
相続人が外国にいる場合
 相続人の中に未成年者がいる場合 
 遺言執行者選任申立て
                                 裁判事務TOPへ

 ご相談のご予約はこちらからどうぞ


 ご希望の日時をお伝えください。
 事前にお見積もりいたしますので、お気軽にご相談ください。

                    相談予約電話番号